お店選びについて

趣味で音楽をやっている場合、道具の買い換えなどによって不要になるものが出てくる場合があります。
友人や知人で音楽を楽しんでいる人がいる場合は、譲るという方法もありますが、身近に譲れる相手がいない場合はリサイクルショップやインターネットオークションを利用して処分するといいでしょう。
処分出来る道具ですが、楽器本体は勿論ですが、音楽に関するものはだいたい含まれます。
たとえば、エレキギターをやっていて、それに関する道具を処分したいという場合、楽譜やエフェクター、アンプなどは適正価格であれば確実に買い手がつきます。
未使用品であればギター弦も売れるでしょう。
売ることが出来たら、売却代金で新しい道具を買うことも可能です。

では、楽器に関連するパーツを売却すると、どれぐらいのお金が入るのかということですが、基本的には他の中古品と同様に新しいものほど高く売れて、古いものほど安くなります。
ただ、音楽に関するパーツの場合、希少価値があるものも少なくないので、必ずしも古いものほど安くなってしまうとは限りません。
プレミアがつくものはどういったものがあるかというと、まず楽器本体です。
手作りの楽器の場合、既に制作者がいないので同じものを作ることが出来ないため、高額になるのです。
ヴァイオリンの場合、オークションで数百万円から数千万円の値段がつくものも少なくありません。
また、歌謡曲のバンドスコアといった、もともと発行部数が少なく、かつファンが多いジャンルの楽譜も高い値段で売れる場合があります。